SPF50 下地

MENU

化粧下地ってとっても大事

化粧下地って大事ですよね。
若い時は下地なんて、何でもいいやって思ってたけど最近は下地ってとっても大事だなって思ってきました。

 

下地をどのような物にするかで、ファンデーションの感じもすっごく変わります。
色はもちろん、明るさなどもとっても大事。

 

最近の下地は日焼け止めの成分が入っているのがとっても多くて、SPF50+、PA++++が人気ですよね。
もちろん私も日焼けしたくないので、日焼け止め成分が多いのを使ってます。

 

しかも、冬になると休みの日はバッチリメイクしたくないので、お出かけの際に下地のみで軽く口紅を塗るだけ、なんて事も良くあります。
SPF50+、PA++++なら日焼け止めを塗らなくても安心して、お出かけできます。

 

休みの日は少しでもお肌を休ませてあげたいですよね(*^-^*)

SPF50+PA++++の下地を探していたら

 

コーセーから出している「米肌」ってシリーズ知ってます?
最近、人気らしいんですが、このシリーズで出しているCCクリームがあるんです。

 

CCクリームって知ってますか?BBクリームは知ってるって人多いかもしれませんが
BBクリームはしっかり塗って隠す感じだとすると、CCクリームは光で隠す感じなんです。

 

光で隠すってどういう事?と思うと思いますが、肌に反射した光が人間の目の錯覚などで美しい肌に見えるようになるって感じです。

 

もちろん、美容成分も入ってるのでお肌を綺麗に保つことも可能です。

 

それに、CCクリームは化粧下地はもちろんファンデーションやフェイスパウダーなどの機能も持ち合わせているので、これ1本塗るだけでOKみたいな感じなんです。

 

そうなんです、冬はできるだけすっぴんでいたいし、化粧は控えてるけど日焼け止めや化粧下地くらいは塗って肌を綺麗に見せたいっていう私にぴったりだったんです。

 

しかも、日焼け止め成分が国内最高値のSPF50+PA++++、さらにコーセーが出しているので安心して使用できます。


KOSE 米肌 CCクリームを使ってみた

 

化粧下地にもでき、日焼け止め成分のSPF50+が入ったCCクリームなので、冬は日焼け止めを塗らずこれ1本で過ごせてます。

 

ただ、CCクリームは自分のお肌にあった色を使わないとダメと言われているので買う時に悩みました。
私は色が白い方なので、「00 やや明るい自然な肌色」を購入。
このCCクリームだけで、お肌のトーンが上がった感じになり、普段使いにはこれ1本ですませてます。

 

夏場やちゃんとメイクをする時には下地として使い、日焼け止めは塗らなくなりました。
今までは色々とお肌に塗っていたので、化粧してる感が出てたんだけど、CCクリームに変えてからは厚さがなくなったからかしっかりとメイクしてもナチュラルさが残ってる感じがするんです。

 

しかも、化粧が薄くなったにもかかわらず、お肌が綺麗になったねって言われたりします。
下地を変えるだけで、こんなに変化があるなんて思ってもいなかったのでビックリ。
CCクリームにして良かったと思ってます♪

≫≫米肌 【澄肌CCクリーム】はこちらから

日焼け止めや化粧下地に書いてあるSPFやPAってなに?

夏になると良くみかけるSPFという表記。今では女性はみんな知っていると思います。
でも、実際はどういう意味なのかよく知らないって人多いと思います。

 

SPF(Sun Protection Factor)

SPFとは簡単にいうと日焼けが始まるまでの時間を表した数値です。
だいたいSPF1で20分と言われていてSPF10だと200分SPF20だと400分となっていきます。

 

SPFは最大で日本だと50になります。なので1000分、18時間ですよね。
でも、実際毎日18時間陽の当るところにいるかというとそうではないですよね。

 

なので、25〜30くらいがおすすめです。というのもSPF50位になるとやはりお肌の負担がかかるので、出来れば普段の日は30くらいで、外に出てる時間が多い時は50と使い分けてみるのがいいと思います。

 

PA(Protection Grade of UVA)

PAとは紫外線をカットする指数を表した数値です。PAは+で表されプラスの数が多くなるとカットしてくれる量も増えていくという事になります。

 

なので、SPF同様使い方を分けてみるのもいいと思います。
スポーツなど陽が多く当たる場合は最高値の++++を使い、室内で過ごすことが多いなら+ぐらいで良いかと思います。

 

SPFもPAも数値が高くなれば、紫外線をカット出来る時間や量を増やせますが、数値が上がるとお肌に良くないのでどういった使い方をするかが大事かなと思います。